フォーンな我が家のウイペット達 OUR FAWNY WHIPPETS

アメリカから来た父犬たくや亡き後、チャンピオン犬しろ&たま兄妹のショーと訓練チャレンジ、そして0歳児ともたんの楽しい日常です。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

馬と犬とお土産

10歳10か月 たくやパパ@16.4kg

2歳しろっ子@17.5kg たまっ娘@11.7kg そらっち@15.0kg 

先週にに引き続きのアップです。

 

あの伝説の馬

オグリキャップが今月亡くなったと聞きました。

鳥肌立つあの走りは何度見ても涙が出る。

乗馬を始めたのもオグリの活躍してた頃。

オグリは25歳でなくなったとの事。

もう25年も経ったのかと寂しく思いながら

やっぱり絶対一生、馬と犬は止められないな~。

 

今回の旅でも

ロスからボストンに夜行便で飛んだその夜,

 18時からのグループレッスン、レンタカーして人参買って行ってきました。

今回のお相手はBoくん、2歳の男の子。

OH, YES BEAUTIFUL

100624ChrislarBoJPG.jpg

まずは自由に1時間程

乗せてもらいそれからレッスン。

今回も去年一緒だったドナともう一名の3人クラス。

数本のバーを置いてあるコースを駆け足で正確に走る練習で

やっぱ下手でしたが楽しかったあ~。

Boくんは賢く勢いある好きなタイプ。

騎乗後の洗った後の写真でした。

100624ChrislarBo1JPG.jpg

 

と、ここで良い子でお留守番してた

たくやファミリーのアメリカ土産披露。

ど~ん、どおだあ

100624TakuyaFamilyGiftJPG.jpg

基本的に皆喜んでもらえましたが

中でも大ヒット土産は、

1.向かって一番左の白い長いのときつね色の長いの。

これは中身のフワフワがはいっていないので、結構丈夫。

頭と長い尻尾の先には押さえるとピーピーと鳴るのでたまらないよう。

うみちゃんにもお土産にしたら、やはり大喜びだったそう。

 

2.真ん中のオレンジのぬいぐるみ。

これは耳の部分にナイロンが入っていてパリパリと音がする上に

お腹を押さえるとピーピーとなる。

今ではほぼもう頭がないです。

 

3.ほぼ上部に写っている茶色のモグラ

これも お腹を押さえるとグーグーと鳴り

長~い尻尾の先もピーピー鳴る。

結構丈夫。

 

実はもっともっと持って帰りたかったのだけど

スーツケースに入らず、

写っているこれらのお土産ですら

郵便局で送ってしまいました・・・。

なかなか、日本のおもちゃは

小型犬用が多いようでもろいように思われ・・・。

 

 とりあえず、喜びのさまです。

100624GiftResult2JPG.jpg

はい、シャッタースピード間に合ってません。

100624GiftResultJPG.jpg

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村 

スポンサーサイト

| | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

食道楽とたくやファミリーへのお土産

10歳10か月 たくやパパ@16.3kg

2歳しろっ子@17.3kg たまっ娘@11.5kg そらっち@14.4kg 

さて、

昨日に引き続きのアップです。

 

ロスへ発ったのは

6月21日。

たったの9時間ほどでの到着なので

機内のお酒を控え。

到着後

べバリーヒルズまで約30分の快適なドライブ。

正面はPretty Womanの

べバリーウィルシャーホテル。

超高級なので泊まれないけど

歌ってるからには見に行かないとね。

100624BeverlyWhirshireJPG.jpg

しかし、なんて青いんでしょ、このお空。

 

翌日はちょっと街中を離れ高速に乗ってみたりして

一人ブラブラとドライブしてたところ道端に

発見

IHOP

(International House Of Pancake)

チェーンのパンケーキ屋さんです。

学生の頃はここのパンケーキが大好きで。

即効、車を駐車し。

まずはサラダ。

100622IhopSalad.JPG.jpg

完食後、

パンケーキ

100622IhopPancake.JPG.jpg

調子にのって

一人なのも忘れ2つも頼んでしまいました。

おいしいいいい!

ブルーベリーよりやはりいつものバターミルクの方が美味しかったです。

っと、隣のおばさん達が

じっーっとこちらを見つめる。

"How can you stay so thin eating like that?"

(そんなに食べてなんで痩せてんの?)

そ~なんです、

メタボなママさんもアメリカ的には痩せて見えるようで・・・。

いえいえ、と

おばさん達と話も弾み

お腹一杯に。

 

そして夜行便(眠たい赤い目をして乗ってるのでレッドアイと言います)で

ボストン到着。

しかし、

5時間半のフライトなのに$140って日本と比べて安すぎませんかあ~。

¥12,500程って。

ネットで買って、

アメリカンエアーでしたがチケットもらえるまでだまされたのではないかと

疑ってました。

 

はい、こちらはしろではありません。

ボストンから電車に乗って

Ivaのお宅にもお邪魔した際の、たくやの妹スワンちゃんです。

100624SwanJPG.jpg

こちらもしろではありません。

たくやのお母さんとこちらオーナーくんのおばあちゃんは同じです。100624honor.JPG.jpg

 

今回もまたたくやファミリーに色々とお土産買って

本人達気が狂うほどの大ヒットもありましたが、

(また後々ご紹介)

個人的には結構これ気に入ってます。

奥に敷いてあるふかふかの敷物ベッド。

100624ShiroBedJPG.jpg

しろがベッドをむしる話をしたら

Ivaから使ってるけどと試しに一つ頂きました。

アメリカのメーカーに連絡して

もっと買いたいと思っています。

ウイペットグッズ

やっぱり海外の方がたくさん良いものあるな~って

思いました。

100624ShiroBedAndShiroJPG.jpg

ちょこんと、やっぱり

柔らかいとこよく知ってます。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村 

| | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

たくやファミリーとJAL破綻

10歳3か月 たくやパパ@16.7kg

1歳5か月しろっ子@16.4kg たまっ娘@10.5kg そらっち@13.7kg 

JALが破綻した。

・・・・・・・

・・・・これほど悲しいことがあろうか・・・。

中学生の時、背丈の半分はあろう、

母お手製の黒猫のぬいぐるみを持って初めて一人JALでアメリカに渡る。

当時はまだ一人旅が寂しくて心細くて泣きそうになるところ

優しいスチュワーデスのお姉さんたちが

ぬいぐるみをみるなり入れ替わり立ち替わり話しかけてくれた。

その後、帰国の度にお世話になり

十数年過ごしたアメリカを後にする際も

あきら(先住ウイペット、2006年没)と共にJALで無事に帰国した。

 

たくやに至ってはリサが6時間もかけて雪嵐の中

ニューヨークJFKまで車でJALのターミナルまで送り

成田でこちらが待ち受け無事1頭で旅をした。

海外からの犬の輸入は意外と書類や手続きが面倒で

他の外資大手の航空会社とも交渉したがJAL以外

自分の大切な家族である犬を運んでもらうに安心できなかった。

 

たくやファミリーが日本にいるのはJALのおかげとも思う。

091128ShiroDown.JPG

 

今日JALに乗った。

気のせいかいつもより笑顔と感謝の言葉が多いようにも思う。

頑張ってください、と心の中で叫ぶ。

 

親方日の丸で原油ヘッジや為替予約の失敗で

上場取り止め株主も責任問われてる。

確かに企業の全ての責任は株主にあるけど

38万7千人もいた株主のうち38万2千人は個人株主で

JALのお客様達。

これってすごくないですか?

 きっと同じようにJALを愛する人たちはたくさんいるんだと思う。

 

今の政治はいったい日本の航空会社を、日本をどうしたいんだろうか・・・。

 

我が家の家族とウイペット達を

大切に運んでくれたJALだから

心配せずにはいられない。

091128ShiroUp.JPG

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村 

 

| | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

地上の天国 - Merci Isle犬舎

1歳3週目 たくやパパ@16.9kg しろっ子@16.3kg たまっ娘@10.8kg

この20年、

ウイペット達にこれ以上の愛情を持ち、愛情あふれる環境を他に知らない。

 今回の旅もたくやのブリーダーさん、

IvaとJeffのお宅にお邪魔し、最後はお寿司で盛り上がった。

大賀さんのお寿司は最高で今回休暇中でお会いできなかったのが残念でしたが。

 

何度目になるだろうか、20回以上は絶対来てるIvaのお宅。

犬達はとても広く清潔なお部屋に

それぞれ自分たちの落ち着く場所となるバリケン400。

バリケンのドアが閉まるのは夜寝る時だけ。

日中は家の中のお部屋と犬ドアから出れるお庭を自由に行き来する。

P1030128.1.JPG

地上の天国だ。

たっくさんのウイペットに囲まれ、緑多く、美しいお庭

 

これほどのお庭は日本、特に東京では無理。

でも、自分なりに思うところの犬達にとってより優しい環境を、

作れるよういつも努力してるつもり。

優しい環境とは:

1.トイレにいつでも自由に行き来出来る

 > 留守時以外こちらは我が家も犬ドア設置。

次は留守時も対策考えたい。

2.バリケン(サークル)に長時間入れない

 > 我が家は留守時、来客時以外入れない。寝る時も一緒 (これはまずいか

3.いつも10~11時間を超える長時間留守番をひとりでさせない

> 人間でもいやだろう。人間の子どもと一緒で、

   長期留守番の埋め合わせは週末にたっぷりと。

P1030164.1JPG.JPG

うあわ~い、素晴らしい。

たっくさんのウイペットフェース。

「何やってんの。」

「なんだい、なんだ~い、面白いことかい?」 

ちなみにこの子達は皆たくしろたまの親戚で、

左上のレディお二人はたくやのお母さんと妹。

しろたまのお祖母ちゃんと叔母さん。

なんんか、すごく似てるよね、皆。

 

昨日は地獄へまっしぐらな

可愛そうな自分の話をしてしまった

ので今日は地上の天国についてでした。

にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村 

| | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

マイケル・ジャクソン、忘れられなくて

マイケルがやっぱり大好きで、

泣いてしまう

四半期の決算でなければ、

家に籠って、たくしろたまとマイケルのビデオに浸りたい。

マイケルの好きだった「スマイル」。

スーパースター、マイケルでもこの曲を聴きながら癒され

笑顔で乗り越えた事たくさんあったんだろう。

一人でも、どんなに落ち込んでも、くじけそうになっても、

泣かないで、我慢して、笑顔でいれば、

いつかきっといい事あるだよね・・・。

http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=nCpD72b-dfs&feature=related

===============================

<Smile>

<笑顔で>

Smile, though your heart is aching
Smile, even though it's breaking
when there are clouds in the sky
you'll get by if you smile with your fear and sorrow

Smile and maybe tomorrow
you'll find that life is still worthwhile

笑顔で、いくら心が痛くても。

笑顔を、心が壊れてても。

空に雲がかかった時、

恐怖と悲しみの中、もし笑顔なら乗り越えられる。

笑顔ならもしかすると明日、

生きてて良かったと思えるかもしれない。


if you just light up your face with gladness
Hide every trace of sadness although a tear may be ever so near

That's the time you must keep on trying

 

もし、喜びを顔に見せれば、

悲しみをすべて隠せる、

涙がすぐにこぼれ落ちそうでも。

そんな時は本当に頑張る時だから。

Smile, what's the use of crying?
You'll find that life is still worthwhile
if you just smile,though your heart is aching

笑顔を、だって泣いてて何になる?

心がどんなに痛くても、

笑顔でなら生きてて良かったて思える。

If you just smile

笑顔なだけで。

(高崎訳)

090521Shiro.JPG
にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村 

| | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。