フォーンな我が家のウイペット達 OUR FAWNY WHIPPETS

アメリカから来た父犬たくや亡き後、チャンピオン犬しろ&たま兄妹のショーと訓練チャレンジ、そして0歳児ともたんの楽しい日常です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

アメリカ好き

1歳1週目 たくやパパ@16.9kg しろっ子@16.3kg たまっ娘@10.8kg

おなもみさんも、乗馬がお好きとの事。

やはりウイペット好きは馬好き、かな

なんだか嬉しい。

 

今までのブログでバレてると思いますが、

結構アメリカ好きです。

もちろん、完全ではないところも多々あるけれど、

自由で常識的で素晴らしいと思う。

その中でも一番かなわないと思うのは動物愛護団体の話しでも触れた、

人助け、他を助けようとする精神。

 

最近もあった。

飛行機で日本の国内線に乗った時。

中年の体格の良い男性客がかぼそい航空会社の乗務員に

「あっ、この荷物上の棚に上げといて。」

えっ、・・・・。

あなたはどこか肉体的に自分で上げられない理由があるんでしょうか・・・、

と聞きたくなる。

それとも、お金はらってるから上げとけ、位の事?

か弱い女性乗務員が2人がかりで荷物を上に必死で収納してた。

 

一度アメリカの国内線で乗組員の女性に

「Would you please help me to put this luggage up?」

(このかばんを上げるのをお手伝い頂けますか)

と聞いたら、彼女はすぐさま答えた。

「Why don't you find a nice gentleman to help you with it.」

(周りにいる優しい男性を探して手伝ってもらったらいいわよ)

そりゃそうだ!

 

 地下鉄の階段を大きな荷物をかかえて上がってる時でも、

荷物が邪魔をしてドアが開けられない時でも、

徹底して皆同じように困って大変そうな人を助ける。

素敵だと思う。

 

最後にこちらはこの間の旅先での馬場で一緒にレッスンを受けた皆と、

パチリ。

このうち3名はゴーファーを大好きだったとの事。

可愛がってくれて、ありがとう!

P1030084.1JPG.JPG


にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村 

スポンサーサイト

| 馬好き | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そうなんですね

日本がアメリカの動物保護の考え方をみならっていれば 今よりワンコにも人にも優しい世の中になっていると思う チェリオと暮らし初めて感じる 疑問や閉塞感 うまくいえないけど 共存とは程遠い
私にとっては家族同然なのに

| おなもみ | 2009/07/03 07:57 | URL | >> EDIT

Re:そうなんですね(07/02)

そうなんです。
日本は犬達と共存する歴史がまだまだ短い・・・。全てでなくても欧米の良いところを見習う事ができれば進歩すると思ってます。

| Takuya1 | 2009/07/06 06:34 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://4whippets.blog.fc2.com/tb.php/159-1153a445

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。