フォーンな我が家のウイペット達 OUR FAWNY WHIPPETS

アメリカから来た父犬たくや亡き後、チャンピオン犬しろ&たま兄妹のショーと訓練チャレンジ、そして0歳児ともたんの楽しい日常です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

アメリカンタイプ ウイペット

18週5日目 (131日目) しろ@10.6kg たま@5.9kg

ほんとおに、しろったら。

081107ShiroInBathroom.jpg

朝の支度を洗面所でしてて、後ろを振り向いたら洗濯機の前の小さなスペースで、洗濯物の上でしろが寝てる。

しかも、なんか笑ってるよう。

首から背中を少し力を入れて撫でると、4本の足先の肉球をパ~と広げる。

本当に大きくなったね。

さて、今日は大きくなったしろをみて、アメリカンタイプのウイペットの話。

ウイペットは「Poor mand's Greyhound(貧しい人たちのグレーハウンド)」とか「Bed warmer(ベッド保温犬)」とか欧米では言われてるらしい。

「Poor mand's Greyhound」は大型犬のグレーハウンドより小ぶりのウイペットは確かに食事やスペース、運動量も少なくて済むのであまりお金がかからない。

「Bed warmer」については、確かに我が家のウイペット達はちょうど抱き枕サイズで、一緒にお布団にもぐりこむので、特に冬場はコタツを抱っこして寝ているよう。

ウイペットには2タイプあり、アメリカンとブリティシュがある。アメリカンはブリティシュよりサイズが大きくて、どっしりしてる。ウチの子たちはアメリカンタイプだ。

「Bed warmer」を重視するとやはりアメリカンタイプがぴったりかと思う。サイズはもちろんの事、筋肉とお肉で体が触ると柔らかい。抱っこしてると気持ちいい、とウチのも言ってます。

先住犬のあきらはアメリカンタイプでもたくやよりちょっと小さく、やはり抱きごこちはたくやがとってもベスト、となるとしろも最適間違いなし!

たまもがんばるぞ~!

081107Taku&Shiro&TamaSofa.jpg

081107Shiro&TamaBed.JPG

スポンサーサイト

| ウイペット子犬 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://4whippets.blog.fc2.com/tb.php/69-c31b9837

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。